何故 683系を 289系に改番するのか?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

西日本旅客鉄道では、きのくに特急『くろしお』に充当していた 381系を退役させ、代わりに北陸新幹線延伸で余剰になった 683系を 289系にして充当する事としております。


交直両用のまま直流専用車扱いに?

  • 【追記】以下の記述は執筆時現在の状況です。

    現在では既に交流機器の撤去を進めているとの事です。

ところで、683系から 289系へは抜本的な改造は一切しないそうです。

形式番号が交直両用車の 600番台から直流専用の 200番台に変わるのですから、交流機器の撤去とかしても良いのですが、何故かそう言う事はしません。

つまり、交直両用車のまま扱いだけ直流専用とする訳です。

機器撤去にコストが掛かると言うなら、そのまま 683系として投入しても良かった筈です。

少なくとも、交直両用車を直流電化線区限定で運用してはいけないと言う規則はない筈です。

実際、東日本では直流線区しか走行しない『あかぎ』『草津』に交直両用車である 651系を交流機器を撤去せずに投入しています。

『ムーンライトえちご』も晩年は交直両用の 485系でしたが、交直両用だけに可能だった新潟以北への乗入れは一切しませんでした。


普通に考えると…

普通に考えれば、「もう交流区間では使わへん」と言う事なのでしょう。

西日本旅客鉄道の交流区間は北陸本線しかなく、それが北陸新幹線の金沢延伸で短縮された結果、交流電化対応車はもはや過剰にさえなっております。

そして、今後も北陸本線は北陸新幹線の延伸で更に縮小されるのは必定です。

また、北陸新幹線は一旦福井まで暫定開業すると言う話もありますが、それでも福井以西の直流電化を求める声もあり、いずれにしてもこれ以上の交流対応車は不要でしょう。

このため、余剰車を形式的に直流専用として転属させた訳です。

でも、それでは理由にはなっていないような気がします。


これは邪推ですが…

まさかと思いますが、683系の転属で起こり得る『ムーンライト九州』への妄想もとい幻想をぶち殺すために形式的に直流専用化したのでしょうか?

『ムーンライト九州』は客車の老朽化で廃止になりましたが、その際に「485系で運行を続けろ」と言う声があちこちから聞かれました。

しかし、その直後に西日本の 485系は次々と解体され、九州車も既に直流機器撤去で山陽本線への入線は不可能になっており、その幻想は見事ぶち殺されました。

583系も『きたぐに』廃止で全廃され、残るは 681系/683系しかなくなっていたのです。

北陸新幹線金沢延伸までは 681系/683系はギリギリの編成数だったとしても、新幹線が金沢延伸すれば並行在来線に特急が走らなくなるので確実に余剰が出ます。

  • 更に北越急行からも移籍がありますし。

そして余剰分があれば『ムーンライト九州』も復活へ…と言う妄想もとい幻想は青春18乞食なら恐らく自然に出るでしょう。

つまり、西日本旅客鉄道は「683系を日根野に転属させても『ムーンライト九州』には転用せえへんでw」と言いたいのではないのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト