今年も出ます『秋の乗り放題パス』

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成27年も秋の乗り放題パスが発売されます。

北海道新幹線の事もあるので、ひょっとしたら、平成27年が最後の秋の乗り放題パス発売になるかも知れません?


平成27年度の『秋の乗り放題パス』

平成27年度の『秋の乗り放題パス』は以下のような扱いになります:

発売期間
平成27年 9月19日~10月16日
利用期間
平成27年10月13日~10月18日の連続する三日間

かつて『鉄道の日記念・JR 全線乗り放題きっぷ』と呼ばれていた頃は、青春18きっぷの秋版のような感じで、一枚で三回使用となっておりました。

ですが、『秋の乗り放題パス』になってからは、連続する三日間と言うのがネックになっているようです。

やはり平成27年は10月10日からの三連休に利用が集中するのでしょうか…。

  • 利用期間が九月下旬だったら"シルヴァーウィーク"もあるので、使い易かったかも知れませんがねえ。

通用期間の夜行普通列車

尚、夜行普通列車は平成27年10月10日新宿発の『ムーンライト信州 81号』があるだけの模様です。

『ムーンライトながら』は三連休を含めて運行はなく、『ムーンライトえちご』も当然ながら運行はありません。

  • 『ムーンライトえちご』はもう諦めた方がいいと思いますがね。

もっとも、北陸新幹線金沢延伸後は北陸本線が経営分離され、白馬以北へは糸魚川止まりとなったので、唯一の『ムーンライト信州』も利用価値は大幅に下がったかも知れません。


余談:『鉄道の日記念…』は西日本の企画か?

ところで、前身の『鉄道の日記念・JR 全線乗り放題きっぷ』は平成 8年に初めて発売されました。

制作者も、当時それを購入して利用しました。

当時は初年と言う事もあって余り認知されず、このため週末の『ムーンライトながら』もあっさりと予約が取れて乗れたのを覚えております。

  • 但し、当時下りは小田原から一部自由席になっていたので、予約が取れなくても乗れない事はありませんでしたが。

制作者は埼玉県某所の駅で購入しましたが、マルスの画面には出発駅が「大阪」と表示されておりました。

勿論、全線乗り放題なので発駅は形式的に表示されている以上の意味はありませんが、大阪と言うのに違和感を覚えました。

  • ちなみに、青春18きっぷなどの場合は「東京」と表示されておりました。

確かに、西日本旅客鉄道は、自社線内限定『鉄道の日記念・JR 西日本一日乗り放題きっぷ』を『JR 全線乗り放題きっぷ』と同時に発売しております。

もしかしたら、鉄道の日記念の全線乗車券は、鉄道の日が含まれる十月限定企画として、西日本が旅客鉄道各社に提案して生まれたものではないでしょうか。

  • 東日本もそう言うのを出せばいいのにとか思う方もいるでしょうねえ。或いは『北海道 & 東日本パス』の秋版を出せとかw
関連記事
スポンサーサイト