GPS を利用した作業員向けの列車接近警報装置

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

東日本旅客鉄道は、平成27年 9月 2日付の発表で、主に各地の地方交通線に GPS に依る列車接近警報装置を導入する事としました。

これは、営業時間中に作業を行う保線作業員の安全向上の為開発されるものです。

平成27年度内に八高北線と飯山線に導入し、最終的には平成29年度までに地方交通線を中心に二十五線区に投入する計画としております。


GPS 方式の原理

今回発表されたシステムの仕組みを簡単に述べると、

  1. GPS で列車と作業員それぞれの位置を調べ、
  2. それぞれの携帯電話回線でコンピュータに位置データを送って列車・作業員間の距離を計算し、
  3. 作業員と列車の距離が

    • 3,000メータ以内になったら注意
    • 1,500メータ以内になったら警報

    を携帯電話回線を通じて作業員が所持する携帯端末に送信する

と言うものです。


GPS 方式が開発された背景

軌道回路を持つ線区であれば、軌道回路を活用して列車の位置を把握出来ます。

  • 軌道回路…二本のレールに電気信号を流す事で実現する電気回路。鉄道車輌の車輪と車軸はいずれも鉄で出来ているため、車輌が線路に乗る事で二本の線路が電気的に繋がってスイッチが入ると言うのが原理。

実際、東日本旅客鉄道では軌道回路と無線を活用した TC 型列車接近警報装置を導入して、成果を上げております。

しかし、この方式は軌道回路を持つ線区でないと使えず、従って特殊自動閉塞式を採用している線区では使えないのです。


このため、特殊自動閉塞式を採用している線区に TC 型に代わる列車接近警報装置を実現するため、GPS 方式を開発したとの事です。


GPS 式が採用される予定の線区

GPS 式が採用される予定の線区は、以下の通りです:

平成27年度内導入予定
八高北線, 飯山線
平成29年度までに導入予定
吾妻線, 水郡線, 仙山線, 釜石線, 北上線, 花輪線, 大湊線, 烏山線, JR 成田線(佐原-銚子間), 東金線, 仙石線, 東北本線利府支線, 石巻線, 気仙沼線(鉄道線), 陸羽東線, 陸羽西線, 八戸線, 津軽線(新中小国信号場以北), 磐越西線, 只見線(営業区間), 越後線, 弥彦線, 大糸南線

仙石線, 東北本線, JR 成田線, 磐越西線, 仙山線など幹線もありますが、大半は地方交通線となっております。


TC 型、GPS 式のいずれも採用予定のない線区

一方、従来の TC 型も今回発表された GPS 式も採用されない線区が依然あるようです。

  • 川越西線(川越-高麗川間), 久留里線, 小海線, 磐越東線, 米坂線, 左沢線, 大船渡線(鉄道線), JR 山田線, 五能線

個人的には、川越西線に導入予定がないのが気になります。

一方、久留里線はやはり労組絡みでしょうか?

JR 山田線は一日に数える程しか列車が運転されない超閑散線区で、列車より熊やイノシシこそ注意すべきでしょうw

また、東日本旅客鉄道が発表した資料に拠ると、只見線の不通区間については路線図から消されております。

これも、東日本は既に只見線の不通区間のバス転換に動いている証なのでしょうか…?


今後の展開を妄想する

GPS と携帯電話回線を活用する方式で、意外に低コストな方式だと思われます。

  • 東日本管内全線で導入に約二十億円、維持費として年二・五億円程度を見込んでいるとの事です。

先ず、安全対策が強く求められている北海道旅客鉄道にもこの技術を供与する事が考えられるでしょう。


さいごに

閑散線区は最低限の維持をするのがやっとのように見られておりますが、安全対策を怠って良い訳がありません。

そのため、低コストで大きな効果をもたらす技術は今後も開発すべきものでしょう。

個人的には東日本のみならず多くの鉄道会社もこの技術を採用して欲しいものです。

  • そのような技術を開発する事も、日本鉄道界の盟主・東日本旅客鉄道の義務と言えるからです。

ただ、当の東日本旅客鉄道も、川越西線など新しい列車接近警報技術を導入しない線区があり、この辺りが気になるところです。


外部リンク

PDF 方式のため、一部携帯電話では閲覧出来ません

関連記事
スポンサーサイト